葡萄栽培記

VineSeedユーザによるVine Linuxに関するメモ。5.0リリース後はメイン環境はVine Linux 5.xにしてしまったけど。

2010-08-05

Emacs 23.2を使っていてglobal-font-lock-modeでWrong number of argumentsがでるときの対処

| 02:04 | はてなブックマーク -  Emacs 23.2を使っていてglobal-font-lock-modeでWrong number of argumentsがでるときの対処 - 葡萄栽培記

Emacs 23.1のglobal-font-lock-modeは複数の引数をとって、値をそのまま捨てていたようですが、Emacs 23.2のglobal-font-lock-modeは引数を1つしか取れなくなりました。

そのため、以下のように書くとWrong number of argumentsがでます。

(global-font-lock-mode 1 t)

当然、ベストな解決方法は引数を複数与えている記述を改めることです。しかしながら、それが面倒とかそういうことはできないという政治的な理由があったりするかもしれません。その場合、以下のようなパッチを当てればたぶん問題ないです。

diff -uNr emacs-23.2.orig/lisp/font-core.el emacs-23.2/lisp/font-core.el
--- emacs-23.2.orig/lisp/font-core.el	2010-04-04 07:26:07.000000000 +0900
+++ emacs-23.2/lisp/font-core.el	2010-08-05 01:30:50.000000000 +0900
@@ -300,8 +300,7 @@
 
 (define-globalized-minor-mode global-font-lock-mode
   font-lock-mode turn-on-font-lock-if-desired
-  ;; What was this :extra-args thingy for?  --Stef
-  ;; :extra-args (dummy)
+  :extra-args (dummy)
   :initialize 'custom-initialize-delay
   :init-value (not (or noninteractive emacs-basic-display))
   :group 'font-lock
トラックバック - http://vine.g.hatena.ne.jp/iwaim/20100805

2010-05-14

はてなダイアリー/はてなグループの日記データをDropboxで同期する

| 11:40 | はてなブックマーク -  はてなダイアリー/はてなグループの日記データをDropboxで同期する - 葡萄栽培記

はてなダイアリーライターを使って更新している場合、日記データが複数のPCに分散しているといろいろ不具合がある。例えば、別のPCで同じ日付のファイルを作成してしまった場合、そのファイルを同期していなければ、書いたつもりの日記が掲載されないという事態になってしまう。

この問題を回避するための方法の1つとして、オンラインストレージを利用するという手がある。例えばDropboxを使えばよい。

Vine Linux 5.1でsimple-hatena-modeを使っているときの方法を一例に挙げる。

Dropboxのインストールと登録

simple-hatena-modeなどをインストールする

パッケージ「simple-hatena-mode」をインストールすることで、はてなダイアリーライターなども含めてインストールできます。詳細はVine Linux 5でのはてなダイアリーライターとsimple-hatena-modeをどうぞ。

simple-hatena-modeの設定

Dropboxの共有フォルダは「~/Dropbox」とし、日記データを「Dropbox/hatena」以下に置く場合は、「~/.emacs.el」などに次の設定を書く。

;;; simple-hatena-mode
;; はてダラデータを置くディレクトリ(デフォルト値: ~/.hatena)
(setq simple-hatena-root "~/Dropbox/hatena")
;; はてダラで使うデフォルトのはてなid(デフォルト値: nil)
(setq simple-hatena-default-id "iwaim")
;; はてダラで使うデフォルトのグループ名(デフォルト値: nil)
(setq simple-hatena-default-group "vine")

後は、Emacs上でsimple-hatena-setupなどを実行し、初期設定を行う。なお、id:rnaさんのcsv2hw.pl (CSV形式→はてダラ形式 変換スクリプト) を使ってはてなダイアリー/はてなグループの今までの日記データをファイルに変換し、それぞれのディレクトリに配置しておくとよい。

Vine Linux 5でのはてなダイアリーライターとsimple-hatena-mode

| 11:19 | はてなブックマーク -  Vine Linux 5でのはてなダイアリーライターとsimple-hatena-mode - 葡萄栽培記

Vine Linux 5.x用のVinePlusにはてなダイアリーライターsimple-hatena-modeRPMパッケージを置いた。

はてなダイアリーライターのインストール

はてなダイアリーライターのパッケージ名は「hatena-diary-writer」なのでapt-getなどでインストールするだけ。

 $ sudo apt-get install hatena-diary-writer

はてダラスプリッタも同梱してます。

simple-hatena-modeのインストール

simple-hatena-modeのパッケージ名は「simple-hatena-mode」なのでapt-getなどでインストールするだけ。

 $ sudo apt-get install simple-hatena-mode

hatena-diary-writerなどに依存させているので、「simple-hatena-mode」パッケージを指定するだけではてなダイアリーライターなどもインストールされます。

ハラダハラダ2010/05/14 15:30フォローありがとうございます。
憶測で書いてみましたがダメでしたか;
良かったらエラーメッセージ付けて ML にも報告してもらえると助かります。

iwaimiwaim2010/05/14 15:52では、ログつけておくっときました。upstreamでいつの間にか解決する問題なのかな、という気はしていますが。
# 解決しなかったら報告するという感じかなー。

JanaisJanais2016/05/04 12:49I used to love looking through the loupe at the type that came off of the Cohapgrpumic imagesetter! I still have a couple of Compugraphic E-scales — can’t find them anywhere anymore, but I use mine constantly. And definitely picas and points for me. I like the divisions of 2, 4, 6, 9, 12, 18, etc., and in InDesign, you can even use 10ths of a point for even finer positioning :-)

トラックバック - http://vine.g.hatena.ne.jp/iwaim/20100514

2010-04-07

simple-hatena-mode関連のRPMパッケージの試作

| 16:24 | はてなブックマーク -  simple-hatena-mode関連のRPMパッケージの試作 - 葡萄栽培記

はてなダイアリー、はてなグループの更新のため、次のRPMパッケージ作ってみた。

どうやら、html-helper-modeのRPMファイルにも手をいれんとダメっぽいな。vine-defaultの設定に未対応っぽいから。

2007-12-12

英辞郎をEmacsから検索する

| 18:16 | はてなブックマーク -  英辞郎をEmacsから検索する - 葡萄栽培記

昔購入した英辞郎 version 52のデータが見つかったのでEmacsから使えるようにした。以下にメモしておく。環境は現在のVineSeedだがVine 4.xでもたぶん同じ手順でできるはず。

NDTPDを動かすのもなんなので、eblookを使うことに。インストールするRPMパッケージは以下のもの。ebがかなり古いが今はこだわらないこととする。EmacsからはLookupで検索するのでlookupパッケージをインストールする。

  • eb-4.1.1-0vl2
  • eblook-1.6.1-0vl2
  • freepwing-1.4.4-0vl1
  • lookup-1.4-0vl3

あと、英辞郎のデータを変換するためのスクリプトeijiro-fpw1.0b-src.tar.gzhttp://openlab.ring.gr.jp/edict/fpw/dist/eijiro/からもってきて展開、中のMakefileを適当に編集する。SRCFILEを指定して、NKFとCHARSETの部分を有効にすればいい。

--- Makefile.orig       2007-12-12 19:17:53.000000000 +0900
+++ Makefile    2007-12-12 19:17:23.000000000 +0900
@@ -15,10 +15,10 @@
 # EIJIROVER, SRCDIR, SRCFILE:
 # the EIJIRO files to be converted.
 #
-EIJIROVER = 37
-SRCDIR = .
-SRCFILE := $(wildcard ${SRCDIR}/EIJI${EIJIROVER}??.TXT)
-#SRCFILE = test.txt
+#EIJIROVER = 37
+#SRCDIR = .
+#SRCFILE := $(wildcard ${SRCDIR}/EIJI${EIJIROVER}??.TXT)
+SRCFILE = /foo/bar/eijiro52.txt

 #
 # NKF:
@@ -26,7 +26,7 @@
 # catalogs.sjis is copied to catalogs.txt as it is. so leave this variable
 # undefined on Windows.
 #
-#NKF = nkf -eSd
+NKF = nkf -eSd

 #
 # CHARSET:
@@ -34,7 +34,7 @@
 # progress. if not specified, 'sjis' is used on Windows or 'euc' on other
 # environment. possible charsets are same as Jcode.pm.
 #
-#CHARSET = euc
+CHARSET = euc

 #
 # end of customizable variables.

あとはそのMakefileを使って変換してインストール。インストール先はINSTALLDIRで変更できるのでお好みの位置に。

$ make -I/usr/share/freepwing
$ make catalogs -I/usr/share/freepwing
$ sudo make install -I/usr/share/freepwing INSTALLDIR=/usr/local/share/dict

Emacsの設定はこんな感じに。

(autoload 'lookup "lookup" nil t)
(autoload 'lookup-pattern "lookup" nil t)
(autoload 'lookup-region "lookup" nil t)
(autoload 'lookup-word "lookup" nil t)
(setq lookup-use-kakasi t)
(define-key ctl-x-map "l" 'lookup)
(define-key ctl-x-map "y" 'lookup-region)
(define-key ctl-x-map "?C-y" 'lookup-pattern)
(define-key ctl-x-map "?C-w" 'lookup-word)
(setq lookup-use-kakasi t)
(setq lookup-search-agents
      '(
        (ndeb "/usr/local/share/dict/eijiro")
))
トラックバック - http://vine.g.hatena.ne.jp/iwaim/20071212