葡萄栽培記

VineSeedユーザによるVine Linuxに関するメモ。5.0リリース後はメイン環境はVine Linux 5.xにしてしまったけど。

2011-04-20

Linux用Dropboxを日本語化されたバージョンに置き換える

| 03:06 | はてなブックマーク -  Linux用Dropboxを日本語化されたバージョンに置き換える - 葡萄栽培記

The Dropbox Blogに「Dropbox in your language! (well, if you speak French, Japanese, German or Spanish)」というエントリが公開されました。LinuxDropboxを確認したところ、こちらも日本語化(正確には国際化)されているようなので、更新方法を書いておきます。対象はすでに導入している人向けですが、新規導入方法も末尾に簡単に書いておきます。

LinuxDropboxは、通常はNautilus拡張経由でバイナリインストールします。初回にバイナリをホームディレクトリ以下にインストールした後、そのままではバージョンアップが行われないみたいなので自分で更新する必要がでてきます。

まずはバージョン1.0.28の状態。

f:id:iwaim:20110420034637p:image

英語表記です。とても簡単な英語だけれども。

f:id:iwaim:20110420034638p:image

設定ダイアログも英語です。たぶん、ちょっと抵抗がでてくる人もいるんだと思います。尤も、詳細な設定を行わないのであれば、設定はさわらなくても使えるものですけども。

まずはDropboxを止めてしまいます。コンテキストメニューの「Quit Dropbox」を選択するだけでOKです。そして端末を使って次のコマンドを実行します。Nautilusなどで同様のことをやっても構いません。

$ mv ~/.dropbox-dist dropbox-dist.old

Dropboxバイナリは「~/.dropbox-dist」に格納されていますから、それを移動させてしまいます。一応バックアップ的に残す方法を紹介しますが、もちろん消してしまっても問題ありません。

次に、Nautilus拡張に入っているプログラムを使ってインストーラを起動します。実際には「/usr/bin/dropbox start -i」を起動しているので端末からそれを実行してもいいはずです。

f:id:iwaim:20110420034640p:image

これでインストーラが起動します。

f:id:iwaim:20110420034641p:image

「OK」を押せばダウンロードが始まります。

f:id:iwaim:20110420034642p:image

これで日本語化(正確には国際化)されたDropboxを使うことができます。既に使っている人は、設定が終わっているはずですから、他には何もしなくて良いです。

f:id:iwaim:20110420034643p:image

もちろん設定ダイアログも日本語化されています。

f:id:iwaim:20110420034644p:image

LinuxDropboxの新規インストール方法

インストール方法は https://www.dropbox.com/downloading?os=lnx に簡単に書かれています。FedoraUbuntuに関してはリポジトリが公開されているのでそれを使えば手軽にインストール可能でしょう。

Vine Linuxについては「self-build-nautilus-dropbox」パッケージを使って手軽にインストールできます。詳しくは「Vine LinuxでDropboxを使う」をどうぞ。

なお、ユーザ登録については https://www.dropbox.com/referrals/NTUxMTA5MjY5 から登録していただくと、私とあなた両方ともの容量上限が250MB増量されますのでお得です。:-)

トラックバック - http://vine.g.hatena.ne.jp/iwaim/20110420

2010-04-07

Vine LinuxでDropboxを使う

| 18:37 | はてなブックマーク -  Vine LinuxでDropboxを使う - 葡萄栽培記

オンラインストレージDropboxは、Linux用 (Nautilus用) クライアントが用意されているので、それを使えばWindowsMac OS XLinuxで簡単にファイルの同期ができます。2GBまで無料で使えるので、重宝します。

使い方は、基本的にはDropbox用フォルダにファイルを置くだけ。(注意: 一般に公開されちゃうフォルダも作成できるようです)

Vine Linux 5/VineSeedでは、self-build-nautilus-dropboxパッケージをインストールすれば、ソースコードをとってきて、RPMパッケージを作成し、インストールすることができます。

GNOME使っている場合、手順としては次の通り。

  1. Dropboxに登録 (このリンクから登録すれば、私とあなた共に上限が250MB増量されます)
  2. synapticなどで「self-build-nautilus-dropbox」パッケージのインストール
  3. アプリケーション」→「インターネット」→「Dropbox」で起動

これで、初回はインストーラが起動して (たぶん) プロプラエタリなソフトウェアが ~/.dropbox-dist にダウンロードされます。その後、設定画面に。(登録していない場合は、設定画面で登録はできます。が、https://www.dropbox.com/referrals/NTUxMTA5MjY5 から登録してもらう方がたぶんお互いに得 ;-)

GNOME以外の人は、Dropbox Linux CLIというところにコマンドラインのツールとか解説とかがあります。

なお、self-buildパッケージになっているのは、アイコン画像が無断で再頒布できないからです。ソフトウェア自体はGNU GPL2なんだけれども。だから、代替画像があればself-buildパッケージを止めることは可能です。ま、どーせGPLソフトウェアだけでは完結して動かないのでそういう意味でもnonfreeカテゴリにある方がいいんですけどね。