Hatena::Groupvine

Vine til i die RSSフィード

Thu Dec 27 2007ぐずぐずするな

[]SQLite 3.5.4 00:34 はてなブックマーク - SQLite 3.5.4 - Vine til i die

ぐずぐずしている間にupstreamがバージョンアップしたり、compat32-*なパケジを作成できるようspecに変更が入ったり、gdgdな展開になってきたのでちゃんと最新バージョンのパケジにしてputした。

いつもgdgdですみません>各位

あ、testディレクトリタイムスタンプの件はupstream側で修正されてましたので、specファイルは元にもどしました。

[]4.2リリース 00:36 はてなブックマーク - 4.2リリース - Vine til i die

書くのを忘れてたが、Vine Linux 4.2が出た。

関係者の皆さんお疲れさまです。いつもあまり役に立てなくてすみません。

Fri Dec 21 2007インストール

[]EPSON Endeavor ST100 04:58 はてなブックマーク - EPSON Endeavor ST100 - Vine til i die

EPSON Endeavor ST100Vine Linux 4.2RC2をインストールした。結構バタバタしたがちゃんと動くところまで持っていけた。成長したな自分。

詳細はあとで書く。とりあえず要点だけ箇条書きで。

  • 面白いことにいまどきキーボードもマウスPS/2コネクタがついている。こんな小さい筐体なのに。
  • CPU切替器を使いたかった。
  • CD-Rからインストールカーネルのブートでいきなりフリーズacpi=offで解決。
  • USBを認識しないのでキーボードから入力できない。やむを得ず一旦PS/2のDINにキーボードとマウスを直結してインストールディスプレイCPU切替器経由のまま。
  • ディスプレイは認識するが同期周波数情報が間違っていて解像度の低い表示しかできない。これは後回し。
  • ここまででインストール成功。リブートしたらちゃんとXが立ち上がって感動。
  • しかし肝心のCPU切替器が使えてない。ケーブルがUSBのものしかないので何とかUSBを認識させたい。
  • USBはダメダメな感じ。ブート時になにかつないでいるとudev起動後にIRQ #19 Disabledとか言われる始末。起動後に差しても認識できない。正確に言うと認識するがIRQを割り振ってもらえない。
  • しかもIRQ DisabledなのにUSB Storageとしてマウントしにいくからそこでフリーズしてしまう。
  • ひとまず/etc/rc.sysinitを編集してUSB Storageのマウント部分をコメントアウトで回避。
  • sshdをセットアップして他のPCからログインできる状態にして、USB繋いで立ち上げてsyslogを調査。やはりIRQを割り当てられないでいる。というか機器の種類を認識できてなくて引き取ってくれるモジュールがないらしい。カーネルオプションでirqpollを試せと書かれている。
  • カーネルオプションにirqpollを追加してブート。キーボードとマウスを認識し、IRQ #19 Disabledとか言わなくなった。
  • /etc/rc.sysinitのUSB Storage関連記述を復活し、リブートでちゃんと起動することを確認。
  • ディスプレイ周波数情報についても/etc/X11/xorg.confを修正し、ディスプレイの最高解像度で出せるようになった。
  • しばらく様子見していたらフリーズしたw
  • irqpollだと文字通り定期的にpollが行われるみたいで、対応不十分なCDROMドライブのドライバがconfuseしてそのうちくたばってしまう。
  • なのでオプションをirqfixup(pollはしない)に変更。フリーズしないか様子見 ←いまここ

今思い返してみてやり忘れていたこと:

  • USBのHotplugを再試行してない
  • こんなとこに書かずにBTSに書け

あとでやる。

unpiysxmhunpiysxmh2011/10/13 02:06i0bp8n , [url=http://cqpkbezinost.com/]cqpkbezinost[/url], [link=http://trzzbcmimmxn.com/]trzzbcmimmxn[/link], http://eragidhqclxq.com/

Wed Dec 12 20072038年問題

[]SQLite 3.5.3 23:31 はてなブックマーク - SQLite 3.5.3 - Vine til i die

グズグズしているうちにSQLite 3.5.3が出た。もはやStable宣言が出ているのでさっさとパケジ作らないと。

しかし以前のspecファイルを使ってソースを入れ替えただけでは%checkが通らない。テストスイートは作るのだがテストが走らないのだ。タイムスタンプが不正とか言われるのでsqlite-3.5.3.tar.gzをバラしてファイルを見てみる。

$ tar xvzf sqlite-3.5.3.tar.gz
$ cd sqlite-3.5.3
$ ls -l
drwxr-xr-x 3 xxxxxx xxxxxx   8192  1月19日  2038 test/

なんじゃあこりゃあ!(笑

えーと、タイムスタンプのせいでビルドだけやって終了してしまうのだと分かったので、タイムスタンプを人為的に変更することにした。specファイルの%checkセクションを↓こんな感じで変更。

%check
touch -t 200701010000 test
%{__make} fulltest

ついでに今までquick.test(make test)だけだったのをall.test(make fulltest)に変更した。まあ念を入れてってことで。

しばらく試運用して問題なさげならputします。

iwaimiwaim2007/12/13 17:002038年ということはなんかありそうですね。それはともかく手元でSQLite使っているのでTestPkgにでもおいていただいたら私も使ってみますよ。

k3ck3c2007/12/13 17:17そうですね。後でputしますのでお願いします。
ただまあ、make fulltestは通っているので、あとはrpm --rebuilddbとかやって問題なければputしようかなとも思っています。